<$BlogRSDURL$>

lördag, januari 31, 2004

みつけたもの

***
garanadaのアルバムが出るみたいだ。
2月4日ってもうすぐじゃないの。
granada / let that weight slide off your shou

***
tahiti80がくる。
大阪は3月6日、土曜日ならば行ってみたい。
アコースティックってどんなんなんだろう。
チケット前売り2月14日から。でもやはり高いのね。
3. 6(土)大阪 心斎橋クラブクアトロ
 開場 17:00/開演 18:00/5,800円(税込/1ドリンク付)


***





fredag, januari 30, 2004

☆hotbrev続き
「木曜日まで待ってね」ということだったのだけども、
ほんまかいなとおもっていたら、また案の定
「土曜日には再開できるかと思います」となった。
ほんまで直るんかいな、不安なり。
こういうときに紙と違って全部なくなってしまうものって
やっぱり弱いなあこころもとないなあとおもうのだ。
てがみのはなし。

☆THE RADIO DEPT. 続き
アルバムを今週毎日毎日何度も聴き続けていたら
今度はEPがこれまたよいとおもい始めた。
5曲全部いいです、特に1、3、4、5曲目。1と3がいちばんすき!
3の「I DON'T NEED LOVE, I'VE GOT MY BAND」は
タイトルからしてよいではないか! 

ということでまた延々かけ続けてみている夕べ。


★「エヴァとステファンとすてきな家族」続き
観に行こうかな、明日、大阪まで、とおもったりしています。
京都くるまで待てません。
京都はみなみ会館で18日からです。もっとはよ来いよ。
そしてもっと行きやすいとこでしてほしいです。
他にも観たいのがやっていることを発見したので、
明日は映画の日にしようか、
なんて書きながらあさってのが1日だからいいのでは、と思った。
が、
気が向いたら明日観る。
レイトショーでしているらしい「H STORY」も観たいのだ。
これって諏訪さんの映画よねえ??? ヒロシマものの。

tisdag, januari 27, 2004

☆HOTBREV
というメールをスウェーデン語のみで使っているのだけども、
週末からおかしくなっていて、ポストの中身全部消えていて
「えええー?!」とおもってがくっとなっていたら、案の定
「現在メンテナンス中」と出ていて、その数時間後にのぞくと、
急に「システム全部入れ替えしますので木曜まで使えません」と。
なーん! すごいなとおもいました。
一週間使えません、ごめんね、でもこれで前よりよくなるからね、
って、ちょっと言えないよなあと。
かわいらしいお知らせ表示でごまかしても、、、、まあ許す、のか?
気になることあるのにー!!! 
http://www.hotbrev.com 
*ほんとでかわいいです、ぱっとみ。
でもそれは急に「総入れ替えするよ」と言い出してからで、
それまでは何もないただのテキスト数行でした。
おもしろかったのが「技術者が解決方法を思いつきました」とか書いてあるの。
かわいいお知らせ、というのもきっと解決法のひとつなのだろうな。

torsdag, januari 22, 2004

★melody go-round!
日韓ポップイベントが3月にソウルであるそうです。
POP OUR STYLEで読んだのですが、
韓国のポップバンドと日本のポップなバンドたちがいっしょにライヴするそうです、
韓国で。advantage lucyとかplectrum(ちょっとー!)とかが韓国に行くんだって。
日本からは予約すれば先着で無料、ということで、
そりゃー行けたらかなりたのしそうだなあと夢だけはせてみた。
3月12・13日、金曜土曜。行きたいぜ、かなり。
フライヤーもすてきだった。

★radio avdelningen = the radio department
「radio avdelningen」とは「ラジオ部門」とか、
なんかそういうのです。そういう意味です。
で、それで英訳して「the radio department」なんだと。
ええ名前だ。
で、アルバム届いたのですが、すきです。
すごい勢いで話してくれたともだちのことば、いまならうなづける。
いい気持ちで眠りにつけそうで、飛び跳ねることもできそう、
そんな音でした。ゆらゆらしててがしがししている。
言われている感じから想像していたイメージとだいぶ違っていて、
いろんな曲があって、とてもいいアルバム。
やっぱしレビューとかばっかり読んで、頭でっかちにジャンルとかでくくって
音を決めつけるのはよくないなとおもった。
よいです! 
lesser matters / the radio dept. (2003)



onsdag, januari 21, 2004


会いたいなあとまたおもう。
まいってくるとそうおもう。手紙すらも書いてないのにな。
vill se dig, vet inte vad gör mig saknar dig så mycket då.
lyssnat på radio dept.s nya ep, och tänkt på dig och dem andra.
undrat vad ni gör där i ryd.
tiden går, livet försätter, medan jag har fasnat i minnet.
hoppas allt har varit bra med dig.
det har varit fint här men jag längtar nånting, kanske er...kanske.
--------------------
neej! det är inte riktigt vad jag ville skriva!
alltid blir det bara tråkigt att läsas när jag försöker att skriva.
det är därför jag vill se dig, jag vill prata med dig direkt!
ねえ、そうよ、だから会って話したいのだよ。
どうでもいいこととか誰かがああだこうだとかこんなことあってねとか、
なんでもすべてぜんぶ。
EPすごくすき、とかさ。話し足りてないもん! 
あいたいなあ。いっしょにきゃんきゃんあそびたい。

måndag, januari 19, 2004

pulling our weight EP / radio dept.

もう、すきすきすきすき全部すきです。
マキシシングルなので5曲入りですが、全部よい。
シューゲイザー? よく知りません、でもよいではないか。 

いいよー!と言われてすぐさまみつけたMP3ひとつを
1年以上聴き続けていて、なぜか買おうとしておらず、買えず、
たまにラジオでも耳にしてやっぱり気になりながら、
でもいっつもこのバンドにまつわる思い出ばっかりの方が印象に残っていて、
それで余計に気になって、という状態だったのだけど、
なんのこっちゃ、よくわからんけど、とにかくずっと気になる存在だったのです。
そしてちゃんと聴いてみるとやっぱりよい、というのはうれしい。
もっと早く手に入れる努力するんだったよ。

そしたら今度気になるのは、ライヴがよくない、という評判だけども、
まあそんなことは(とりあえず)よいではないか。
すきー! アルバムも買おう。

*しつこいが、名前は「RADIO DEPARTMENT」、
「デプト」ではないのです。

★しごとにおされ気味で、風邪気味で、へたり気味で、
ひー今日こそもう寝ます。
メールとか手紙とか全然書けなくて、、、、ごめんなさい。
明日はどうもお客さん多いみたいで、無理かも、、、ごめんなさい。
いつも考えているのに、、、
「やります!」言うたこともまだやれてません、すみませぬ、、、、ひー。

söndag, januari 18, 2004

よし!とおもっていると出てくるのはなんでなんだろう。
負けておるよ、完全に。勝たんでもいいから負けたくない。

★HG
THE LEGENDSもPERISHERSも来るよ。いいないいな。

torsdag, januari 15, 2004

★ひろしま行き詳細

「ひろしま行くかも」というのの中身はですね、
MONASTIRというバンドとFARRAHというバンドが日本に来るそうで、
東京大阪だけでなくって福岡や広島でもやるそうなのです。
で、広島は金曜で、小さいとこで、21時スタートで、どうもイベントらしくって、
そして安かったので(比較で)、なんだかちょっとそういう雰囲気の中で
バンドでも観ながらでみんなでわーって飲んで騒ぎたい、
という気持ちがむくむくと。観るとたのしそうなバンドみたいだし。

2月のメイン行事にします、決めたら。
で朝までわーってやります。2月に真冬に。
近辺のひとでいっしょに遊べるかしら、その頃?


懸念すべきは、音源ほとんど聴いたことないという――。
FARRAHは聴いたことあるけども。
でもよさそうたのしそうなのです。
ともだちに知っとるか訊いてみようかとおもいつつ
きいてないです。きいてみる。

調べること(教えてほしいことです)
■どんなイベントなのか? もしやオールナイト???
■チャイナタウンてどこ?
■21時スタートってはたしてわたし間に合うのか???
最後がいちばん大事でそして見当がつきません。
21時ジャストに演奏始まらんよねえ???

★真夏の夜の事 / 初恋の嵐
昼間っからなぜかこの曲が聴きたくて聴きたくて。


söndag, januari 11, 2004

カタカナ表記考再び:
SCARLETT JOHANSSON

いつも忘れていたので思い出したいま書くのだけども、
スカーレット・ヨハンソンってほんとうは
「スカーレット・ジョハンソン(もしくはジョアンソン)」って
書かれるべきではないのかしら。
だってアメリカの人でしょ? 
ヨハンソンになったら北欧語系の読み方ではないか。
厳密にいうと、JOHANでヨハンはドイツ語っぽい気がしますが。
ヨハンソンいうよりはユーワンソンとかになります、スウェーデンだと。
だからタンバリンスタジオのひとはトゥーレ・ユーワンソンと。

とか書くとうっとうしがられそうだけども、
でも英語でヨハンソンはないだろうと。JOHNSONがヨンソンみたいなもんよ。
気になるー。だれか直して。
OASISがオエイシスとなるべきなのは周知、
でもオアシスが通用なので直せず、みたいなもん???
でもやっぱし気になるー。


★女の子からみたミューズ
きれいな女の子が好きだよな、ソフィア・コッポラ。
といまさら思っただけだけど、
女の人がミューズとして選ぶ女の人は容赦なく美しいとされるので、
余計に打ちのめされるなあ。と、思いながら
「ヴァージン・スーサイズ」を思い返してみた。
・・・・・・・・・・・・
うまく書けないので持ち越し。

fredag, januari 09, 2004

★!
ASTRIDがすきなひとは、
すてきなファンサイト「TickTock」に行ってみるべしべしべし!

トップから入ると「おぉ」とうれしいねえ。うわーい。
たのしみがいろいろと増えてきていてうれしい。

★80年代ポップ
すきなのかも、と、ラジオとかテープとか聴きながら気づいてきた近頃。
「80年代ポップ狂い」と紹介されていたバンド、よく思い出してみたら、
MATINEEからのスミストリビュート盤を視聴して
「好きだわ」と言っていたひとたちだった。
やっぱり好みってあるのね。
 Pale Sunday "A Weekend With Jane"
 A WEEKEND WITH JANE EP / MATINÉE 049
ブラジルのバンド、なの? 


2004年と書くのもふつうに慣れて、
もう1週間終わってしまった。

寒かったので甘酒を飲んでみている夜。
甘酒って前は全然好きじゃなくって、
それは、選択権なしにそこにあった
「おやつはどろどろの甘酒とこげた家のおかき」
という小さい頃の記憶があるからだろうけど、
大きくなるとなぜだかすごく甘酒を飲みたくなるときがたまにある。
ほんとは麹からちゃんとつくるやつがいいのだけど、
今日は酒の粕のやつ。
はよ飲んで、はよ寝よう。


TAPEのインタビューを聴きながらなのだけど、
あんまりわかっていない、かも、、、、
P3のP3GULDというレコード大賞みたいなのに、
TAPEはPOP部門でノミネートされているのだけども、
それに対して「SAGOR&SWINGはPOPといえるけど――」
と言っていた、いま。おかしいかも。
日本でリリースされるリミックス盤についても話していて、
FONICAミックスは「まったく違うものになっている」とか、
アルバムの中には「TAPEが残っている」ものもあるとか、
そんなことを言っている。
そのとおり、だいぶ違う感じがする。

おもしろいのでもうちょっとちゃんと聴いてみる。
TAPEの2枚目がやっぱりほしいな。
2枚目の方が雄大というかもっといろんなもの(たとえば宇宙、
というか、まわりの自然とかそういうもの)につながっていっている
感じになっている気がする。気が、する。
わたしが観た分のライヴは2枚目を基調にしたものだったそうなので、
そのときの印象とアルバムが同じものであればきっとそんな感じ、
だと思っているのだが、どうなんだろう。

This page is powered by Blogger. Isn't yours?