<$BlogRSDURL$>

söndag, februari 22, 2004

fint tillsammans!

待って待ってしていた「TILLSAMMANS」がやっと京都に。
が、少しの間しか上映しないようで、しかも1日1回のみの上映。
なんでだよーと言っても仕方ないので、なんでだよー!と一度だけ言って、走って観に行ってきました。

観たことあってもやっぱりおかしいものはおかしくて、
そしてまたもう一度初めて観るかのようにはっとさせらて。
サッカーするシーンとか、場面場面の音楽とかの強さ鮮やかに改めて驚いたり、
3年も前のこととなると、やっぱりあれ、あんなだったっけと思うことがあったり、
ああこれこれこれよーとこぶしを握りしめたり、
で、あーへんな映画だったねえ、と思いながらまた笑顔で歩いて帰ってきました。
改めて観るとすごいおとなの映画だと、ラストシーンにじーんときつつ考えていました。
そしてやっぱりこのひとの作品はだいすきだ! 
次作が(全然情報知らないのだけども)またたのしみです。

でもひとは入っていませんでした。驚くほどに。
20人弱くらいで、まあそんなもんか、単館なら、と思って出たら、
その次の上映には人がずらりと並んでいました。軽く20人超える人々。
その回は「10ミニッツ・オールダー」だったので、
まあそんなもんか、とおもいつつも、も、少し残念。

☆追記:地方都市単館状況
京都は人口や街の規模の割に、ミニシアターが少ない気がします。
ひろしまはえらいとそれを考えるたびに思います。
サロンシネマ・ツインシネマ、ステーションシネマはなくなったけど横川シネマ。

☆関係ないけど覚え書きの追記:
「ピッピが唯物主義者だ議論」のとことか、わたしすごい好きなのですが、
誰も笑っていなくって、残念。
ちなみにムーディソンの両親の出身地は、
リンドグレーンの出身地でお話の舞台のでもあるスモーランドだそう。

"Hellre gröt tillsammans än oxfillé ensam."
     ur "Tillsammans" av Lukas Moodysson
「みんなで食べるおかゆの方が独りのステーキよりもすてきだ」 
     ルーカス・ムーディソン「エヴァとステファンとすてきな家族」より

fredag, februari 20, 2004

 "あれをそれにしてそれをこれにしておれのここだけかえてそれでどうなるわけでもないけど"
 "ひとつはふたつめにつづくふたつめのはみっつめにつづくみっつめのはさいしょのにもどるただそれだけだったおなじだけだったわらっちゃったべつにどこにもいきたくないけど"

忘れんうちにとやっとこ、そして少しうきうきと取りに行ったらば、
整理番号1500いくらとかで、えーどんだけでっかいんやと。
そんなもんなの、日本の会場は???
もうずっとステージ鼻の先、目の高さのとこでしか観ていないので
とても不安。ハッチという名もまたすごい不安にさせると思う。
どんなとこやね、と。

ということで、ライヴに行くと言いながら、
ゆらゆら帝国のアルバムをまともには持っていないので、
昨日からいっしょに行く同居人のテープを聴き始めたのですが、
1本目でもう繰り返しです。
「3 x 3 x 3」とか大好きですが、変態かしら、それって――。
こないだのアルバム、「しびれ」と「めまい」、
どっちかが正統派でポップな感じ、もう一方は変態性があふれまくり、
とかいたるところで書かれていたけども、
同居人もわたしも後者の方が断然好みだと思っており、あれ?  
でもいま延々聴いている最初の頃のセルフタイトルのアルバム、
これのがもっと好みで、はーもっともっと早く聴いておればよかった。
前に、まだNAPSTERが全盛だった頃に、CDもなくてでもどうしても聴きたくて、
日本人と思われる知らない人に「ゆらゆら帝国の『すべるバー』持ってませんか?」
と尋ねたことがあるのだけども、あとでCDを手に入れ歌詞をしっかり読んで、
少し赤面したことを思い出しました。変なひとと思われたこと必至だと。
いやー歌詞に意味はないということで、意味もないのだけども、
そういうふうに読めばすごいセクシーよね、このひとの歌詞。
セクシーいうよりかはもうそのまますぎ。

torsdag, februari 19, 2004

★Det nya landet [新しいところ]

ムーディソンがプロデュースしていたテレビ映画(ドラマ?)のタイトル。
映画にもなっていて、これもそういえば2000年に公開していた。
黒人の男の子、アラブ系のおじさん、ブロンドのお姉さんの
ロードムービーだと思っているのだけど、くわしい内容はまったく知らないのだ。
観てみたいとおもったままだったので、ふと思い出してまた観たく思った。
ので、メモ。


春の花がいっぱいだった花屋さん。
もうこんな季節なのかと。
春の花に黄色いものが多いのはなぜなのだ?

ほしかったものがいっぱい浮かんできた。
ちょっとだけあたまが回り始めてきた、かも。
サイトもなんとなく変えていけそうかも。

lördag, februari 14, 2004

思い出したうちに、と思いながら数日たって、
また思い出したうちに覚え書き:

「青春レズビアン映画」とかよく書かれている「ショー・ミーラヴ」、
本国ではそういう受け取り方はされてなかったなあと思い出した。
ふつうに「青春映画」だった気がする。
「あれは女の子同士の恋愛の映画だ」って言っていたのはよその人たちだったような。
なんというか、別に性別とか関係なくて恋愛というか、
恋愛だけでなくってあの年代特有のこころがときめいたり
ゆらいだりもがいたり嫌になったりと、そういうことについてのお話、
と捉えられていた気がする。
いろんなひとの感想とかを聞く限り。

だからその「女の子同士の恋愛」という点から議論するのは
ナンセンスなのではと思ったりもする、のだけども。


またちゃんと書きます。保留中。
ひとまず思い出したこと。

onsdag, februari 11, 2004

マックがほしいほしいほしいということで思案中。
今回は本気。PCが死にそうというのもあるのだけども、
死にそうといいつつはや1年半、ならばまだ大丈夫かしらとおもったり、
何かあってからでは遅いのよとおもったり。
e-macって便利かしら。別に持ち運んだりする必要はないので、
大きくても可なのですが。
DVD焼けたら便利そう。
マッカーなひとたちのアドバイスがほしいです。
ドラマ部門とコメディ部門というはなしで(ハリウッド映画分類法)

ムーディソンの映画なんかはコメディになるのかしら、
オーモールもエヴァも。リリヤはドラマ???
クストリッツァとかは??? 完全なるミュージカル/コメディ部門???
この分け方でいろんな映画みていくとまたおもしろいかもと思いました。
たとえばひともいっぱい泣いて死んでしまったりして悲惨すぎるんだけども、
くすっくすっとところどころで笑いを誘うようなものだったらどうなるんでしょう。
気になるとこ。
わいせつやーいや芸術だ論争みたいになるのかしら。なってんのかしら、協議中には。


söndag, februari 08, 2004

*日曜のよるにつれづれづれ

やっぱしジョハンソンって言ったよー、とおもってみていた
ゴールデングローブ賞授賞式。
コメディになるのね、「LOST IN TRANSLATION」は。
そのへんの分け方って非常におおざっぱで
いろんな意味でおもしろいなあとおもった。
でっかい分け方捉え方。泣いて笑ってそれが人生ではなくて。

*****
行きたかったものに、行きたかったのですが、
寒くて寒くて熱測ったら案の定34℃台にまで下がっていて、
あきらめました。行くよーって言ってたのに。
行きたかったのにみてみたかったのに。
風邪ひいたみたいでぼーっとしてます。やだなー。
天気もよかったのに。

tisdag, februari 03, 2004

週末の覚え書き:
「H Story」
諏訪敦彦
2001年

「ヒロシマ・私の恋人」、なぜか邦題「24時間の情事」を、
リメイクする、ということから始まったらしい作品。
フィクションとドキュメンタリーのような感じで、
でも虚実入り混じりと思いきや結局やっぱり観ているのはフィクション、
やられた、そんな感じだった。
でもリメイクする、というその始まりのところにはかえっていかない。
それが、いろんな意味で少しひっかかった。
かえらないからフィクションになっていって、
結局それが「新・ヒロシマわたしの恋人」をつくりあげることになっているのかしら???

出てきたのは、カタカナ大文字の大きなヒロシマであって、
でもそれでいて、というよりかは、それよりもっと、
わたしのいたあの田舎地方都市ひろしまやった。
ふしぎな気分でみて、エンドロールでまたふしぎな感じになって、
まあそうかもしれんが。
小さなシアターにけっこう人が入っていたけども、
明かりがついて見ると、若い女の子3名、男の子6人くらい、
あとはおじさんで、おおおお、とびっくりした。
意外な感じ。

もう一回くらい観てみたいな。

★いまの覚え書き:
paddington dc
ええですええです!
ライヴ聴けます、P3POPで。
すきかもー。声がまたええです。
話し方が、とても、すきかも。話す感じが。くらり。わー。

あんまし好きじゃなかったEDSONがなんか違う感じになっていて、
けっこう好みだった。びっくり。
なんでもありでたのしい。

なになにこのディスコトラックとおもっていたら、
ブラーやったよ、「boys&girls」ですよ。
気恥ずかしくなるようなリミックスです。

DVDがやってきた!
わーいとつなげて音しか出ないといっていたら、
CD入れとった、あほやん、、、、

OWLというひとたちが、すっごい心地よい気持ちよい曲でした。

1月26日分、すごいよいです。もうごたまぜで、
でもすごい端正なここちよいポップもたくさんで、
よいですよ。
ローファイポップ、最高。
今週、今日ですね、2月2日分は、特集すごいおもしろそう。
「LESBO PIG」というなんとも名前の「1分ローファイガーリポップバンド」の特集、
プラス、新しい音楽番組(TVかな)について。


22.10 Håkan Lidbo "Girls & Boys (Klonhertz Remix)"
GIRLS & BOYS / OXYD 1111

22.14 Owls "Air"OUR HOPES AND DREAMS / MAGIC MARKER 026

22.17 Lesbo Pig "Up Yr Ass"AT HOME WITH / TRAILER PARK 007

22.19 Simpatico "Train Not Stopping"
MATINÉE 50 / MATINÉE 050

22.25 Edson "I Believe In A Thing Called Love"
I BELIEVE IN A THING CALLED LOVE / LABRADOR 1EDS

22.28 Paddington Distortion Combo "The Sun Is Down And The Sky Is Grey"


22.36 Paddington Distortion Combo "Got Them New Shoes"


22.38 Paddington Distortion Combo "Something To Say"


22.39 Shins "So Says I"
CHUTES TOO NARROW / SUB POP 625

22.43 Twig "Now I've Realized"


22.46 Gossip "Snake Appeal"
THE SUPREME INDIFFERENCE / KILL ROCK STARS 393

22.48 Blanche "Another Lost Summer"
AMERICA'S NEWEST HITMAKERS EP / LOOSE 145EP

22.52 Komeda "It's Alright Baby"
WHAT MAKES IT GO / NORTH OF NO SOUTH 65

22.55 Grandaddy "The Town Where I'm Livin' Now"
I'M ON STANDBY/STRAY DOG AND THE CHOCOLATE / V2 5024603

23.07 Fiery Furnaces "South Is Only A Home"
GALLOWSBIRD'S BARK / ROUGH TRADE 122

23.10 Perishers "Weekends"LET THERE BE MORNING / NONS 110

23.15 Jens Lekman "Rocky Dennis' Farewell Song To The Blind Girl"
ROCKY DENNIS IN HEAVEN / SERVICE 011

23.20 Bobby Conn & The Glass Gypsies "We Come In Peace"
THE HOMELAND / THRILL JOCKEY 137

23.24 Wisdom Of Harry "Crash Helmet"- / MATADOR 5977

23.28 Park Hotell "Girls Just Wanna Die Tonight"
GIRLS JUST WANNA DIE TONIGHT/HEARTS / MRA 001

23.32 Patrick Wolf "Wolf Song"
LYCANTHROPY / FAITH/INDUSTRY 003CD

23.37 Patrick Wolf "Prelude"
LYCANTHROPY / FAITH/INDUSTRY 003CD

23.39 Patrick Wolf "To The Lighthouse"
LYCANTHROPY / FAITH/INDUSTRY 003CD

23.45 Patrick Wolf "The Childcatcher"
LYCANTHROPY / FAITH/INDUSTRY 003CD

23.50 Minty "Useless Man (Version)"
USELESS MAN / CANDY 1CD

23.53 Patrick Wolf "Pigeon Song"
LYCANTHROPY / FAITH/INDUSTRY 003CD

23.56 Patrick Wolf "Bloodbeat"
LYCANTHROPY / FAITH/INDUSTRY 003CD


This page is powered by Blogger. Isn't yours?